本サイトにはプロモーションが含まれることがあります

愛知「リールベースヤマ」の評判・口コミ!リールのオーバーホールにおすすめ

愛知リールベースヤマの評判・口コミ!リールのオーバーホールにおすすめ タックル
スポンサーリンク

皆さん、普段釣りで使っているリールのお手入れってどうされていますか?

自分でやる?メーカー(シマノやダイワなど)に出す?専門業者に依頼する?

いずれにしても色んな釣り場に連れまわした、思い出の詰まったリールはいつまでも大切にしたいものですし、リールも高価なのでオーバーホールしながら大切に使っていきたいですよね。

だいぶ昔ですが、私自身、某釣りメーカーでリール設計をしていたころ、研修の一環としてオーバーホールのお手伝いさせてもらっていました。

もちろんお客様の大事なリールなので最終チェックは責任者がやりますのでご安心を(笑)

電動リールの修理が大の苦手だったのを覚えています(;^_^A

話しがそれましたが、今回は自分でリールのオーバーホールをするのではなく、業者さん(プロ)にお願いしてみようということで、愛知県のリールベース・ヤマさんにお願いしました。

お願いしたリールは私がサワラキャスティングでメインで使っている20ツインパワーC5000XGです。

その他、サワラキャスティングにおすすめのリールは以下にまとめてあります。

ということで、今後同じようにリールのオーバーホールを依頼したい人のために、リールベース・ヤマさん評判・口コミオーバーホールの料金期間などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

リールオーバーホール屋さんリールベース・ヤマの評判・口コミ

リールオーバーホール屋さんリールベース・ヤマの評判・口コミ

結論!リールベース・ヤマさんにお願いして良かった!

まずは結論から言うと、抜群の仕上がりで20ツインパワーが帰ってきました。

しかもピカピカになって。なんかラメっぽさが追加されていたような。

巻き心地もバッチリです。

これで今年のサワラキャスティングやジギングも頑張れそう!

やっぱり1,2年に1度はオーバーホールに出した方が良いと実感しましたよ。

リールベース・ヤマは愛知県のリールメンテナンス専門店

リールベースヤマさんは愛知県岡崎市のリールメンテナンス専門店です。

リールの修理やオーバーホールを専門にしていて年間1200以上のリールをメンテしているというからすごいです。

週休2日でざっくり換算しても5台/日のペースでメンテしているイメージでしょうか。

たしかにリールベースヤマさんのインスタ見ていても毎日、いろんなメーカーのリールがメンテ実績としてアップされています。

リールのオーバーホール料金と期間(何日かかる?)

基本的な価格は以下ですが、お急ぎ便とか部品交換など色々とオプション追加するとその分、料金もあがります。

リールを送付した後、色々と相談し見積してくれますよ。

私の場合、オーバーホールのみでトータル7050円でした。(内訳は以下)

  • オーバーホール料金(5500円)
  • 返却送料(1000円)
  • 消費税(550円)

いずれにせよ最新の価格はリールベースヤマさんの公式ホームページで確認しましょう。

内容 料金
スピンニングリールのオーバーホール
(C5000番・LT5000番まで)
5500円/台
スピンニングリールのオーバーホール
(5000番~10000番まで)
6500円/台
ベイトリールのオーバーホール(小型) 5500円/台
ベイトリールのオーバーホール(中・大型) 6500円/台
修理カスタム(分解なし) 500円/1箇所
修理カスタム(分解あり) 1500円/1箇所

期間は基本、2週間ぐらいプラスαと思っておいて良いと思います。

現在の待ち期間もホームページに掲載があるので助かります。

リールベース・ヤマのオーバーホール依頼の流れ

リールベース・ヤマのホームページで依頼受付け

まず最初にリールベース・ヤマのホームページで依頼の受付けをします。

ざっくり以下のようなことを記入します。

  • 個人情報
  • リールの機種、気になる症状など
  • オーバーホールor修理
  • 仕上げオイルの選択(NSオイルorグリッチオイル)
  • 好みの巻き感(軽やかスルスル系orしっとりヌルヌル系)

後述しますが、ここで困るとすると仕上げオイルの選択のところでしょうか?

受付け時にNSオイルとグリッチオイルの選定

NSオイルとグリッチオイルって何?

マニアじゃない限り、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか?

大丈夫です。そういうところもリールベース・ヤマのスタッフさんが丁寧に教えてくれますよ。

簡単にまとめると以下になります(スタッフさん情報を引用)

ちなみに私は今回、グリッチオイルを選択しました。

グリッチオイル

回転性:☆☆☆〜☆
耐久性☆〜☆☆☆
(低粘度→高粘度)

超低粘度〜超高粘度まで幅広いオイルをラインナップしており、適材適所で使用することでかなり高いレベルで使用感等のチューニングが可能です。

NSオイル

回転性能:☆☆
耐久性:☆☆☆

皮膜の強さがあり回転性能・耐久性能・防錆性能に優れています。

1本1000円でオリジナルオイルも販売しているので、セルフメンテしたい人にもバッチリですね。

リールベース・ヤマへリールを送付(出し方)

購入した時の箱などに入れリールベース・ヤマにリールを送付します。

送り先は事前に教えてもらえます。

ちなみに私は郵便局で送付しました。

たしか700円ぐらいだったと記憶してます。

家が近い人などは、持ち込みでもOKとのことです。

リールベース・ヤマからオーバーホール進捗の連絡

以下のリールの分解された画像と共に、リールの診断状況がテキストで送られてきます。

それを見ながら、ベアリングやギヤなどを部品交換するか、単にオーバーホールのみにするかを決めます。

20ツインパワーの分解状態

ベアリングはオリジナルのものがあるようです。

ギヤは、ドライブギヤ、ピニオンギヤ、中間ギヤ、ウォームシャフトギヤですね。

もちろん、部品を交換する場合は料金は追加になります。

リールベース・ヤマにてオーバーホール実施

今回、特別にオーバーホール中の画像を送ってもらえました。

まずは工具で分解して、超音波ブラシで洗浄ですね。

リールベースヤマの工具20ツインパワー分解3
20ツインパワー分解120ツインパワー分解2

洗浄後は、ベアリングにはオイルギヤはグリスアップしていきます。

手順としてはベアリングにオイルを注油し、先に仕上げて組み込み、ギアをはめて調律、問題なければギヤにグリスアップという流れです。

以下は今回選択したグリッチオイルです。

2種類あって、紫がロサで、青がパッシブというらしいです。

仕上げオイル 仕上げオイル1

以下は一番左がグリアップ前、真ん中、一番右がグリスアップ後です。

グリスアップ前 グリスアップ後 グリスアップ後2

最後は組み上げていく感じですね。

リール組み上げ

リールベース・ヤマからオーバーホール完了の連絡

オーバーホールが終わったらリールベース・ヤマさんからチャットなどで連絡がきます。

支払い実施

その後、支払いです。

支払い方法は、現金、銀行振り込み、ペイペイ、カードなどが選べます。

ペイペイもあるのは便利ですね。私はサクッとペイペイで。

リールベース・ヤマからリールの返送

支払いが確認完了後にリールが返送されます。

お帰り俺の20ツインパワー!

リールベース・ヤマからリールの返送

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はリールベース・ヤマで20ツインパワーをオーバーホールした内容をご紹介しました。

リールベース・ヤマのホームページやインスタは以下になりますのでチェックしてみてくださいね。

リールベース・ヤマのホームページ

リールベース・ヤマのインスタ

\ジギングジャーニーからの釣果や独り言、釣りに関する情報交換はこちらのLINEからどうぞ/

友だち追加

この記事を書いた人
ジギングジャーニー編集長

釣具メーカーでリールの開発設計をやっていた釣りバカです。20代までは主にバス釣り、その後の海外生活を機に日本の海に囲まれた環境の素晴らしさを再認識。そこからはジギングやキャスティングで青物メインに狙ってます。

ジギングジャーニー編集長をフォローする



タックルサワラキャスティング
ジギングジャーニー編集長をフォローする
ジギング ジャーニー

コメント

タイトルとURLをコピーしました