本サイトにはプロモーションが含まれることがあります

初心者必見!ライトジギングのタックル選び!価格帯別おすすめのロッド・リール・ジグ

初心者必見!ライトジギングのタックル選び!価格帯別おすすめのロッド・リール・ジグ ロッド
スポンサーリンク

ライトジギングにチャレンジしてみたいけど何から選んでいいのか分からない…。

そんな方に向けてライトジギングに分類されるタックルの目安や、オススメの竿やリール、メタルジグまで細かくご紹介します!

中には筆者が釣具店スタッフ時代にお客様からも人気だったオススメのメタルジグも紹介していますので是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ライトジギングとは

近年釣具の進化によってパワフルなジギングがよりライトなタックルで行う釣りとして変化し、出来上がったのがライトジギングです!

一概にジギングといってもターゲットや水深が大きく違いますので、快適に扱えるロッドやライン(リール)の選定が必要です。

ジギングはタックルの強さに合わせて大きく分けて3種類に分類されます。

それぞれ区別を付けるために簡単にご紹介していきます!

スーパーライトジギング(SLJ)

扱いやすい重さは30g〜80g程なのでメインは浅場。

ターゲットは小型青物や根魚、真鯛等です。

PEラインは0.6号前後とかなりライトで、竿のパワー的にも大物の青物を狙ったりするのには少し不向きな面があります。

ライトジギング

今回ご紹介するのがこのライトジギングです!

現在のジギングの中では中間的位置付けになります。

近海ジギングと呼ばれる水深のジギングで、ジグの重さは60g〜180gで扱いやすいです。

ターゲットは青物や真鯛やヒラメ、根魚に太刀魚等かなり幅広い魚が狙えます!

PEラインも0.8号〜1.5号と、ライトなイメージが伝わると思います。

ジギング

メインの重さは100g〜300gを使用するような深いところがメインになります。

本来のジギングの発祥はこのくらいの重さがスタートで、PEラインの3号や4号を使うパワフルな釣りです。

ジギングは以上のように分けることが出来ます。

それぞれ使用するラインの細さやメタルジグのグラム数が幅広いです。

遊漁船で予約する場合は事前に船長さんに行く可能性のある水深やメインで使うメタルジグの重さを聞いて、それに合わせたタックル選定をするようにしましょう!

ライトジギングのタックル選び方

ライトジギングのタックル選び方

ライトジギングがどんな釣りか分かったところで、次はタックル選びです。

まず、スピニングかベイトかどちらかを選ぶ必要があります。

スピニングリールの場合、3000番〜5000番ぐらいの番手が扱いやすいです。

目安としてはPEライン1.2号、1.5号を200m以上巻ける事が条件になります。

ギア比はHG(ハイギア)やXG(エクストラハイギア)等の巻き取り速度が速めのタイプが、アクションや回収の速さなどテンポがよくなるので人気です。

PG(パワーギア)は掛かった後の巻き取りが軽いので、その点に関して気になる方は購入を検討してもよいかもしれません。

次にベイトリールの選び方です。

150番〜300番が妥当なサイズで、スピニングと同じくHGやXGが人気のギア比となります。

ベイトリールなのでスピニングよりも巻き上げパワーが出ることと、フォールでのアタリをとることに優れます。

ボトム周辺での巻き上げて落とすを繰り返す根魚狙いにはハンドルを回すだけでクラッチが戻るのでテンポが作りやすいです。

逆に中層での巻き上げてくるアクションのスピード感やフォールスピードはスピニングに勝てません。

カウンター付きリールを使えば水深の把握が正確に出来るのでスピニングよりも明確な棚合わせが可能になります。

ライトジギングにおすすめのロッド

次にライトジギングにおすすめのロッドを価格帯別にスピニングとベイトそれぞれご紹介します。

コスパ重視のロッド(スピニング、ベイト)

シマノ グラップラーBB TypeLJ S63-3(スピニングロッド)

シマノ グラップラーBB TypeLJ B63-3(ベイトロッド)

2-3万円ぐらいのロッド(スピニング、ベイト)

シマノ GAME TypeLJ S63-2(スピニングロッド)

シマノ GAME TypeLJ B63-3(ベイトロッド)

以下の記事で上記のロッド以外にもベイト、スピンニングでそれぞれおすすめロッドをご紹介していますので参考にしていただければと思います。

ライトジギングにおすすめのリール

次にライトジギングにおすすめのリールを価格帯別にスピニングとベイトそれぞれご紹介します。

コスパ重視のリール(スピニング、ベイト)

ダイワ BG SW 4000D-CXH(スピニングリール)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥14,100 (2024/02/27 16:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ グラップラーBB150HG (ベイトリール)

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥11,753 (2024/02/27 19:28:19時点 Amazon調べ-詳細)

2-3万円ぐらいのリール(スピニング、ベイト)

ダイワ カルディアSW4000CXH (スピニングリール)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥22,120 (2024/02/27 11:31:31時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ グラップラー300HG

以下の記事で上記のリール以外にもシマノとダイワをメインにベイト、スピンニングリールをご紹介していますので参考にしていただければと思います。

ライトジギングにおすすめのジグ

ここでは数あるとライトジギング用のジグの中から鉄板といえるようなジグをご紹介します。

それぞれ一つはタックルボックスに入っていて損はないというほど実績のあるジグたちです。

ダイワ TGベイト

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥2,770 (2024/02/27 03:28:22時点 Amazon調べ-詳細)

「もはや餌」と称されるジグ

TG=タングステンと呼ばれる一般的なジグに使われる鉛よりも比重が重たい素材を使ったジグです。

比重が重たい素材なので鉛と同じ重さでもサイズ感が小さくなります。

カタクチイワシやシラス等の小さいベイトサイズに近くなるのでそういったタイミングで効果を発揮します。

一誠 海太郎 ネコメタル

created by Rinker
イッセイ海太郎(Issei Umitaro)
¥1,188 (2024/02/27 16:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

次に筆者の絶大な信頼を置くジグをご紹介!

ジギングは巻き上げとフォールで狙う釣りです。

このジグはフォールでのヒット率を上げる事にも注力していています。

フォールという特に技術が必要なく喰ってくるので、初心者でもHITに持ち込めますよね?

さらにアイを反対にして逆さで使うことも可能でアクションにバリエーションを持たせる事が出来ます。

メジャークラフト ジグパラ

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥754 (2024/02/27 21:10:50時点 Amazon調べ-詳細)

人気でコスパ重視!

釣具店スタッフ時代にもよく売れていた印象で、コスパのいいジグです!

オフショアは水深や潮流によって重さのバリエーションを持たせる必要があります。

高価なジグばかりそろえるのはちょっと…。という方にオススメです!

サワラ等の歯が鋭い魚を狙うときや、根掛かりしそうな岩礁を狙うとき等も果敢に攻められます。

ジグは釣りをする場所によって、良く釣れるジグが変わってきたりもしますので、お近くの釣具店や遊漁船などで聞いてみるのも手です。

ちなみに私のホームである伊勢湾だと以下のジグがおすすめです。

ライトジギングにおすすめのPEライン

ジギングのラインシステムはPEラインをメインでリールに巻き、PEラインにリーダーとしてナイロンもしくはフロロ素材のものをFGノットなどで結束します。

ライトジギングのリーダーの長さは3~5mぐらいで良いです。

ライトジギングにおすすめのPEラインとしてよく使う太さとして1.5~2号で良いと思います。

大型のブリが釣れる場合は、2号の方が安心ですね。

以下は私が良く使っているPEラインになります。

今まで大きなトラブルなく使えているのでおすすめです。

ライトジギングにおすすめのリーダー

ライトジギングにおすすめのリーダー

次にライトジギングにおすすめのリーダーです。

先程もご紹介しましたが、ライトジギングのリーダーの長さは3~5mぐらいで良いです。

リーダーの太さは30ポンドか35ポンドを私は使っております。

以下は私が良く使っているリーダーになります。

まとめ

人気の近海ジギングを楽しむライトジギング!

ジギングほどパワフルな道具ではないのでジギングの中では入門向けな釣りだと思います。

慣れてきたらジギングやSLJとの使い分けも自分なりに組み合わせてみたり、タングステンや鉛と使い分けてみたり奥が深い釣りです!

海の船釣りは季節によって狙えるターゲットや餌となるベイトが変わりますのでその時期ごとの釣り方で楽しめます!

是非一度チャレンジしてみてください!

\ジギングジャーニーからの釣果や独り言、釣りに関する情報交換はこちらのLINEからどうぞ/

友だち追加

この記事を書いた人
ジギングジャーニー編集長

釣具メーカーでリールの開発設計をやっていた釣りバカです。20代までは主にバス釣り、その後の海外生活を機に日本の海に囲まれた環境の素晴らしさを再認識。そこからはジギングやキャスティングで青物メインに狙ってます。

ジギングジャーニー編集長をフォローする



ロッドリールオフショアジギング
ジギングジャーニー編集長をフォローする
ジギング ジャーニー

コメント

タイトルとURLをコピーしました