Fusion360無料版の「XX日で期限切れになります」の更新は簡単です!

Fusion360期限切れ更新方法 ハンドメイドルアー

私のようにハンドメイドルアー作りにFusion360という3DCADの無償ライセンス版を使っている人は多いのではないでしょうか?

この無償ライセンス版は、個人的な趣味や非商用目的でFusion360を使用する際に認められているライセンスで、私も愛用させてもらっています。

ですが、この無償ライセンスを使っていると、ある日突然、以下の図のようにFusion360の画面左上に「期限が切れました」や、「XX日以内に期限切れとなります」というメッセージが出て焦ったことはないでしょうか?

Fusion360期限切れ

せっかくの無償ライセンスなのに、1年しか使えないの?もっと長く使えないの?

有償版を購入しないといけないの?もしくは別のメールアドレスで新規に無償ライセンスを登録するべきなの?などなど、色んなことが頭をよぎりますよね?

大丈夫です!

この個人利用の無償ライセンスですが、年単位で更新できるのです!

しかも作業時間は約5分程度と非常に簡単です。

今回は、そのFusion360無償ライセンスの1年更新の方法を分かりやすく説明したいと思います。

スポンサーリンク

Fusion360無料版の1年更新方法

それでは、一つずつ更新方法を見ていきましょう。

流れを簡単に書くと以下の感じです。

  1. 個人用Fusion360のページにいく
  2. ページ内の「無料版/利用するには」のボタンをクリック
  3. ここで自分のアカウントで「サインイン」する
  4. 「個人用 Fusion 360 ダウンロードお申し込みフォーム」に入力不足あれば必要事項を入力
  5. 「次へ」ボタンをクリック
  6. 「今すぐダウンロード」ボタンをクリック
    ※実際にダウンロードしなくても大丈夫です。ダウンロードボタンを押さないと更新されないようです
  7. Fusion360を再起動すると新しいイラセンスが適用される

上記流れの詳細手順は以下になります。

個人用Fusion360のページにいく

まずは以下の個人用Fusion360のページに行きます。

個人用Fusion360

個人用Fusion360のページにいく

ページ内の「無料版/利用するには」のボタンをクリック

以下ページ内の「利用するには」のボタンをクリックします。

ページ内の「無料版・利用するには」のボタンをクリック

ここで自分のアカウントで「サインイン」する

ここで皆さんはFusion360の更新なので、既にアカウントをお持ちだと思うので、右上からサインインします。

ここで自分のアカウントで「サインイン」する

サインインボタンを押すと、メールアドレスとパスワードを入力します。

まずはメールアドレスです。

メールアドレス入力

続いてパスワードです。パスワード忘れの方は「お忘れですか?」からパスワードの再発行が可能です。

パスワードを入力

「個人用 Fusion 360 ダウンロードお申し込みフォーム」に入力不足あれば必要事項を入力

サインイン後に以下の「個人用 Fusion 360 ダウンロードお申し込みフォーム」に入力不足あれば入力完了させます。

入力不足があると赤くハイライトしますので、その指示に従って入力完了させてください。

入力完了しましたら、オートデスクの利用目的とプライバシーステートメントの同意にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

個人用 Fusion 360 ダウンロードお申し込みフォームに必要事項を入力

「今すぐダウンロード」ボタンをクリック

続いて、以下の「今すぐダウンロード」ボタンをクリックします。

既にFusion360はダウンロード済なのに、なんでダウンロードするの?と不思議に思うかもしれませんが、実際にダウンロードしなくても大丈夫です。

ダウンロードボタンを押さないとインストール済のFusion360のライセンスが更新されないようです。

今すぐダウンロード

Fusion360を再起動すると新しいイラセンスが適用される

自分のパソコンにインストール済のFusion360を起動させるます。

すると今まで、Fusion360の画面左上に「期限が切れました」や、「XX日以内に期限切れとなります」というメッセージが出ていたのが、「個人用-商用利用不可」に変わっています。

Fusion360を再起動すると新しいイラセンスが適用される

以上でFusion360無料版の1年更新作業は完了になります。

これで1年間は個人用Fusion360を使い続けられます。

また1年後に同様の作業が必要になります。(22年1月時点)

個人用Fusion360ライセンスの制限

これは大丈夫かと思いますが、念のために個人用Fusion360ライセンスの制限事項を確認しておきましょう。

Fusion360のページには以下のように記載されています。

詳細は以下のページをご確認ください。

個人用Fusion360

個人用 Fusion 360 は、非商用の許可された用途に限り、1 年間無償でご利用いただけます。

Fusion 360 の使用による年間収益が 1,000 米ドル未満で、非商用目的で個人的にデザイン/設計/製造/ファブリケーション プロジェクトを行う場合に限り、個人用 Fusion 360 をご利用いただけます。

愛好家/非商用ユーザー向けの Fusion 360 は、無償の機能限定版です。利用資格を満たす場合のみご利用いただけます。次の基本機能が含まれます。

• 標準的な 2D/3D CAD ツール
• 電子機器(機能限定):回路図シート 2 点、レイヤ 2 点、80 cm2 の基板領域
• 製造(基本機能):2.5 軸加工、3 軸加工、旋盤、熱溶解積層造形(FFF)、ファブリケーション
• ローカル レンダリングのみ
• 最大 10 点のアクティブで編集可能な Fusion 360 ドキュメント、無制限の非アクティブなドキュメント
• 単一ユーザーのデータ管理のみに対応
• サポートはフォーラムのみ利用可能
• 読み込み/書き出しは一部ファイル タイプのみが可能

Fusion360を購入したい人や全機能を試したい人

個人用Fusion360は機能制限がありますし、営利目的での利用になってきた場合は、有償版への移行が必要です。

また、いきなり有償版にいかなくとも、Fusion360の全機能を試したい人は、30 日間無償体験版があるので、そちらでまずは試すことが可能です。

30 日間無償体験版、有償版ともに以下のリンクから行けます。

Fusion 360

Fusion360のスキルアップをしたい人におすすめ情報

私自身、まだまだFusion360を使いこなせているわけではないのですが、ハンドメイドルアー作りをやっていると、ある程度、使う機能が定着されていきます。

しかし、もっと便利機能を知れるとハンドメイドルアー作りの幅も広がるかもしれません。

なので以下のようなFusion360を無料で独学できるオンライン教材も活用しています。

ちまたには有料のセミナーもあるようなのでネットで検索してみると良いと思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Fusion360の無料版を使っていると必ず通る道である、1年更新のやり方について詳細手順をご紹介しました。

今は無料で使える3DCADがあってすごく重宝しますよね。

私の場合、これがなければハンドメイドルアー作りができなかったので、すごく助かっています。

これからもハンドメイドルアー作りに特化した3D情報を発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました