初心者必見!越前海岸エギングおすすめポイント5選!釣れすぎ注意

初心者必見!越前海岸エギングおすすめポイント5選!釣れすぎ注意 イカメタル・エギング

エギングシーズン到来。

この言葉を聞いてウズウズが止まらない方々に越前海岸エギングのおすすめポイントを紹介したいと思います。

ちなみに、越前海岸とは国定公園として指定されており、その範囲は実に東尋坊から敦賀の杉津までにかけての広い海岸線の事を指します。

北部には九頭竜川も流れ、大自然溢れるロケーションはもちろん、まさに断崖絶壁との言葉しかでないようなポイントがたくさんあります。

磯場となる場所も数多く見られ、多種の魚釣りが楽しめるこの地域は釣り人にとっての天国だと言えます。

そんな越前海岸の中でもエギングに適した足場の良い漁港を中心に紹介します。

その他、福井県の敦賀小浜のエギングポイントは以下で紹介しています。

スポンサーリンク

越前海岸のエギングポイントの釣れる時期

越前海岸のエギングポイントの釣れる時期

エギングのハイシーズンといえば有名な話ですが、春の親イカシーズンと秋の子イカ(新子)シーズンがあります。

越前海岸エギングの春シーズン(おおむね4月~6月中頃まで)

アオリイカが産卵期に向けて藻場と言われる海藻が生えている堤防付近や港へ集まってきます。そのため堤防から大型なイカを狙えるシーズンとなります。

大型のイカのジェット噴射での引きはスリリングでやみつきになります。

だいたい6月中旬からはエギへの反応が悪くなりますのでその付近が終盤となります。

越前海岸エギングの秋シーズン(おおむね8月下旬~11月末頃まで)

新子と呼ばれる子イカが堤防付近、漁港などに大量にいるので数釣りが楽しめるイチオシのシーズンとなります。特に9月頃はハイシーズンと言えます。

越前海岸エリアは秋のエギングシーズンが少し早いと言われていますが、年によってイカの生育状況も違いますので、様子を見ながらシーズンインを感じてください。

越前海岸のエギングポイントおすすめポイント5選

越前海岸のエギングポイントおすすめポイント5選

ポイント紹介の前に、漁港に釣り等で来訪される皆さまへお願い

福井県のHPで確認して頂ければわかる通り、一部漁港や堤防では釣り禁止、立ち入り禁止区域も増えています。

昨今の新型コロナウイルスの影響もありますが、釣りに訪れる方のマナーや危険行為などで地元漁業関係者の生産活動の妨げやトラブルとなり、閉鎖になった港もあります。

危険行為、迷惑行為などは絶対やめて頂き、漁業関係者、地元の方に迷惑をかけないよう、指示やルールを守り、周りに十分配慮をして釣りを楽しんで頂けると大切釣り場を守る事に繋がると思いますので、みんなで協力していきましょう。

越前漁港

越前漁港は梅浦~厨港と、いくつもの港が連なって呼ばれている総称で、大きな漁港一帯となります。

港によって堤防の先端付近が立ち入り禁止の柵など設置されていますので注意してください。

その中でもオススメなのが中央付近に位置する小樟港(大樟港、または総称でおこのぎ魚港と呼ばれます。)は足場も良く、港を取り囲むように設置された長い堤防がメインのエギングポイントとなります。

ただし現在は神社のある横島の先は立ち入り禁止となっているようで、出掛けられる際は気を付けてください。

堤防外側はテトラ帯となっているので足場が悪いですが、慣れている方ならそちらからでも釣りをすることができます。

駐車場トイレもあるので釣行も安心です。

隣接する他の港もポイントがありますので是非足を運んでみて下さい。

高佐漁港

越前海岸と言えば断崖絶壁、磯場の宝庫。

高佐漁港は、そんな磯場に造られた越前の特色が色濃く表れた漁港となります。

足場はかなり悪く、初心者の方や、小さなお子さんなどは危険な場所が多々ありますので、注意してください。間違いなくカップルデートには不向きです。(笑)

ちなみに港内では足場良く、サビキ釣りなどであれば手軽に釣りを行えますが、水深が浅く回遊もあまり期待できないため、エグングでは釣果も伸びません。できれば堤防の上から沖に向かってキャストするのをオススメします。

海底は砂地が続き藻場も豊富ですのでエギングにもってこいのポイントですが、堤防に上がるまでの道のりは岩場を超えたり、巨大なテトラ帯があったりと、初心者にはあまりオススメできないポイントとなっています。

アクセスは大変ですが、エギングのみの釣行なら比較的身軽なので慣れれば良いポイントかと思います。

居倉漁港

こちらは越前漁港からほど近く、アクセスの良い漁港となります。

こじんまりとした印象の漁港ですが、足場はしっかりとしていて釣りがしやすいです。

ここの漁港も潮通しが良く魚釣りの方もたくさん見えますが、エギングでももちろん好ポイントです。

港内よりは堤防外向き、沖側の方を狙った方がアオリイカを釣りやすいのでそちらを狙ってみてください。

ただし、風が強い時は波が出て堤防も波をかぶる時もあり、危ないので控えた方が良いです。

駐車場もあり、公衆トイレもすぐ近くなので助かります。

空いていれば一度入ってみる価値のある漁港です。

長橋港

敦賀方面からは少し遠くなりますが、磯場が隣接していて魚影はかなり濃い漁港です。

小さな漁港ですが全体的に藻場も多く存在し、アオリイカの好ポイントとなります。

堤防からのエギングがメインとなりますが、漁港から地磯が続いていますので空いていればそちらもキャストしたいポイントです。

駐車スペースはありますが、トイレなどはないので少し不便ですが、人があまり入っていない時もあるので覗いてみても良いかと思います。

国見白浜漁港

磯場から伸びる堤防がメインの漁港で、足場も良くエギングに適したポイントです。

堤防の先端は特に潮通しが良く、はまればアオリイカ爆釣ポイントです。

小さい漁港なのでアオリイカシーズンは先端にはいれない事も多いので、早めの釣り場確保が必要です。

駐車できるスペースはありますが、広くないので、漁業関係者の邪魔にならないようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は越前のエギングおすすめポイントを紹介しました。

比較的足場の良い漁港にスポットを当てて紹介させて頂きましたが、漁港へ向かう途中にも磯場が多く存在し、いろんな場所で釣りをしているので、安全を確認しながら釣り場を見つけていくのも楽しいと思います。

新しいエギングタックルの購入を検討されているかたは以下の記事も参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました